Canvas Life of Central America





メキシコ カンクン


ユカタン半島の突端の長い洲がリゾート地として開発されたカンクン。
澄みきったコバルトブルーのカリブ海と美しい白浜そして優しい風がヤシの木と共にあなたを包みこむ
世界有数のリゾート地としてふさわしい魅力をもっている


海が青い!!

白い砂浜が続く

本当に

本当に

綺麗だ




メキシコ  イスラ・ムヘーレス
カンクン沖11Kmの洋上に浮かぶ全長8Kmの小さな島
定期船で1時間弱で着く ドルフィンツアーやクルーズなどのデイトリップツアーが
人気が高く賑わいをみせている
かつてのバックパッカー達の聖地としての売り出した頃の素朴さや独特の居心地の
良さは相変わらずだ


島へのフェリー


風になびく
メキシコの国旗

イスラ・ムへーレスの
素朴な町
お土産屋が並ぶ


綺麗なビーチには
やはりヤシの木!


色々なアクティビティ


中米屈指のリゾート地
イスラムヘーレス

とても透き通った海


波打ち際を歩く


のんびりとした
ビーチ



グアテマラ フローレス

ペテン・イツァ湖に浮かぶ小さな島 フローレス島
ティカル遺跡を観光するならこの町を拠点とし動くことになるだろう


のんびりとした湖畔

路地で遊ぶ子供達

町も素朴でいい感じ

町の広場

グアテマラ国旗


ペテン・イツァ湖に
沈む夕日

朝方は湖面に
霧がかかる

暑さをしのぐ
パン売りの少女

庶民の味方 
安くて美味しいタコス

グアテマラ
チキンの定食



グァテマラ ティカル
熱帯雨林の中に忽然と姿を現すティカル遺跡。迫り来る巨大神殿遺跡を目の前にすると
、一瞬言葉を失い、立ちすくんでしまうほどだ。
この文明はどれほどの威勢を誇っていたのか ということを歩いていて感じ取れることだろう


遺跡に向かい
ジャングルを歩く

目の前に
ハナグマを発見

まさにジャングルの
中の遺跡

遺跡の上からの
眺め

ん?葉っぱ?
ちがうな・・・・・


ティカル遺跡


ジャングルの中の
巨大な木

開けたところに
遺跡発見

突然と現れた
大きな巨大遺跡

遺跡よりも急な
階段を登る

上からの眺め




グァテマラ ケツァルテナンゴ(シェラ)

シェラという通称で呼ばれている、グアテマラ第二の都市ケツァルテナンゴ
見所はやはり周辺の多くの先住民の青空マーケットだ
グアテマラの多くを占める先住民の文化を知るために見るのも面白いかもしれない
スペイン語学校が多いことでも知られてる


マーケットの鶏屋


子豚も販売


青空マーケット


農村地帯の女性


日本人宿オーナー
大人気タカさん


子羊も売ります


子犬も売ります


マーケット


地元民も交渉


鮮やかな民族衣装


とても気さくな
農家の夫婦


織物を習う


部屋で復習です


湧き出た温泉で
洗濯をする人達

子供達もお手伝い


荷を頭にのせ
家路につく



グァテマラ サンペドロ・ラ・ラグーナ
世界でも有数の美しさを誇るといわれているアティトラン湖の畔にある村 サンペドロ・ラ・ラウーナだ
湖畔の小さな村々のなかでは比較的大きいほうだがそこに住む人々は非常に穏やかでまだまだ観光客慣れしてない感じが伝わってくる
この美しい湖の畔で穏やかな民族達と触れ合いながらゆっくりと滞在をするのもいいだろう


アティトラン湖畔


朝はカヤックで湖散策


湖の水を使って
洗濯をする

微笑ましい光景です


村の子供達



村のメインストリート
民族の女の子

湖畔に向けての道


毎日挨拶を交わした
地元のおじいさん

スペイン語学校


授業風景



スペイン語の
先生

ボートで対岸の
村にも行けます

湖で遊ぶ少女


天然染料で
染める織物

カラフルな
民族衣装


男性の衣装も
鮮やかです



グァテマラ アンティグア
グアテマラシティから約1時間と近く敷石の道やコロニアル建築の町並みが美しく、ユネスコの世界遺産としても登録されている
火山や各種ツアーもさることながらここアンティグアは世界中からスペイン語を学ぶために多くの人々が訪れることでも有名だ
ここでスペイン語を身に付けてラテンアメリカ各地へと旅立つ人も少なくない


町の中心の教会


刺繍をしながら
のんびり販売

カラフルな民族の生地
を外で販売

スペイン語学校


カラフルなバス
(水色バージョン)


火山ツアー
トレッキング

火山に向かって
登っていく

固まった溶岩の
下から熱気が伝わる

おぉおお
   溶岩発見!!

ゆっくりと溶岩が
流れ出る


川のような
溶岩の通り道

地球が生きている
事を実感

溶岩を棒で
突付いてみる

活火山へ挑戦

ツアー客と溶岩



コスタリカ サンホセ

山々に囲まれた高原都市サンホセは年間を通じて夏の軽井沢のような気候でとても快適だ
 町並みもシンプルで落ち着いたコロニアル調 『中米のスイス』とも
呼ばれその名にふさわしい雰囲気を持つ街である
人々もどこか他の中米諸国とはちがく垢抜けていて洗練されたイメージを持つだろう


西洋人が多くなる
サンホセ中心地

多くの人が行き交う
メインストリート

メルカドの食堂街


沢山のえびが入る
フライドライス

食堂のおばちゃん



コスタリカ マヌエルアントニオ国立公園
コスタリカで最も人気の高い公園の一つがここマヌエル・アントニオ国立公園
サンホセから4時間弱とアクセスも良くジャングルトレイル、白いビーチがありイグアナ、ナマケモノ、サル、
色鮮やかな鳥などに出会うことが出来る。

遊歩道を歩きながら
動物を探す

小川も流れる


サルを発見


やっと見つけた
三色くちばしのトゥカン

イグアナ発見



開けたところ
そこはビーチ

サーファーが集まる
楽園だった

子供も
波乗りに挑戦!

上手に波に乗る


波乗りしよう!




パナマ  パナマシティ
世界の十字路と呼ばれるパナマの首都パナマシティ
南北の大陸が最も狭くなった土地に作られたパナマ運河は誰もが知っている事だろう
そんな世界の十字路パナマシティは多くの物や人種もさまざまで新旧2つの顔を持つ街は今も進化を遂げている


夕方のパナマシティ
新市街

物が溢れかえる
ショッピングモール

雨季の為 洪水


モールの中に
キングコングがっ

パナマの女性達



←西ヨーロッパ     Back     南米1→     

inserted by FC2 system